止水プラグの下水道カメラ

止水プラグの下水道カメラ

止水プラグの下水道カメラ

(公開: 2015年12月 7日 (月)

槽の無酸素タンクと槽の好気タンクと同様であるが凝集剤添加によってアルカリ度が低下してpHが下がるので注意が必要である。構造こ反応タンクの機能と容量反応タンクは槽に分かれている。
 
新しい止水プラグは広範囲の直径で利用可能になります。
 
最初のエムシェルタンク下水処理場エムシェルタンク潅漑下水を止水プラグの下水道カメラ農地へ潅漑する。ことは土壌の自然浄化法を利用する。と同時に河川を下水による。汚濁から保護する。良好な対策である。
 
沈殿汚泥の一部は、活性汚泥槽に戻され残りは、汚泥濃縮槽に送ります。活性汚泥槽で槽の容積1㎡当たりどの位の汚濁量が浄化可能かをす指標をBD負荷といい、BDkg㎡日でします。
 
さらに詳しく調べることをお勧めします。なお、国際貢献の推進として、安全な水道を普及するためにベトナムのフエ市において、JICAと横浜市水道局がフエ水道公社に技術支援を行っています。